ヘッドライン
人気ブログランキング
人気ブログランキング


2013年07月02日

【全板集合】2chにある無駄な知識を集めるスレ194
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/gline/1321639796/


162 :水先案名無い人:2011/11/21(月) 01:58:26.65 ID:g/f5HWuX0
501 名無しんぼ@お腹いっぱい [sage] 2011/11/05(土) 23:24:32.62 ID:QoOeS2Vo0 Be:
焼酎って確か江戸期くらいからじゃなかったっけ?

524 名無しんぼ@お腹いっぱい [sage] 2011/11/06(日) 00:15:10.81 ID:mJaC/5v40 Be:
>>501
1559年に薩摩の神社で
「焼酎もおごってくれないケチな施主」っていう落書きが残ってるから
焼酎の歴史は結構古いと思う




焼酎 - Wikipedia




人気ブログランキング
この記事のURLコメント(14) | 歴史  | 人気ブログランキング    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 焼酎の歴史は結構古い     このエントリーをtumblrにポスト
コメント一覧
1.  物知りな名無しさん   2013年07月02日 22:31
日本酒は古来からあったんだし
それを蒸溜して酒にするってのはもっと昔からありそうなもんだけど、どうなんだろね?
2.     2013年07月03日 01:01
※1
蒸留自体は起源前からあったけど、酒を蒸留して飲もう、ってのは1500年代の錬金術が始めになる
3.  物知りな名無しさん   2013年07月03日 01:15
※2
ウソを堂々と書かないように。
確実な資料はそれくらいの年代しか残ってないかもしれないが、蒸留酒と思われる文献というのは世界中にかなりの量があるし、古い。
4.  物知りな名無しさん   2013年07月03日 01:20
こまけえこたぁいいんだよ!
焼酎美味しく飲めればいいんじゃないか
5.  物知りな名無しさん   2013年07月03日 04:11
※3
日本における蒸留酒製造の歴史、だったらそんなものじゃないか。
6.  物知りな名無しさん   2013年07月03日 08:46
ドブロクができて精製醸造ができて、それからの蒸留酒
ってのが世界のスタンダード
大体その地域で大量に取れる穀物や果物などの、
余剰食糧が酒造(ドブロク)に回される
それを濾そうっていう発想に到るのは、地域の事情で異なる
さらに蒸留しようってのは、技術力・財政力・統治能力など、
様々な事情が重ならないとできない
7.  物知りな名無しさん   2013年07月03日 09:44
※5
仮にそうだとしても錬金術云々とか書いてる※2は的外れだろ
8.  物知りな名無しさん   2013年07月03日 14:31
結構古いなんて言うから10世紀より前かと思ったら
9.  物知りな名無しさん   2013年07月04日 00:38
単式が伝統的な蒸溜法で連続式が錬金術から発展
した方法ってのが検索結果
単式の蒸留法は紀元前3000年前のメソポタミア。
日本に単式蒸溜焼酎が入ってきたのが1500年ごろ中国から、
連続式は8世紀の錬金術師が作った生命の水スピリッツ
と呼ばれたものがはじまりで、
日本に連続式蒸留器が入ってきたのが明治28年イギリス
から輸入されたもの
10.  物知りな名無しさん   2013年07月04日 12:19
伊佐市の郡山八幡だね
11.  名無し   2013年07月04日 23:28
今ある蒸留技術は中世イスラム圏で発展したもんなんだよな。
酒を飲まないムスリムの技術により様々な酒が生まれたってのが面白い。
12.  物知りな名無しさん   2013年07月05日 01:26
民族、というか人種別で、酒に一番強い(アルコール耐性が強い)のはアラブ人だとか。

一番弱いのがベトナム人、ほぼ同じくらい弱いのが日本人だそうで。
アジア系では中国人とモンゴル人もあまり強くないとか。

夜、繁華街の路上や駅前で「小間物屋」を開店しているのは、日本人が一番多いそうですよ。
13.  物知りな名無しさん   2013年07月14日 21:37
日本じゃ特別な日の無礼講にだけ飲むものだったらしいからなぁ
その時代と同じ酔い方して人に迷惑かけるオジサンの多いこと
14.  まとめブログリーダー   2013年07月24日 22:04
アランビキだよー

コメントする

名前:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 


ヘッドライン
人気ブログランキング
人気ブログランキング

アクセスの多い記事

プロフィール
「2chにある無駄な知識を集めるスレ」まとめ

記事の内容が正しいかどうかは保証できません。
嘘を嘘と(ry

このブログについて

twitter


人気ブログランキング
記事検索
最新記事
最新コメント
はてな人気エントリ