ヘッドライン
人気ブログランキング
人気ブログランキング


2009年11月25日

【全板集合】2chにある無駄な知識を集めるスレ5
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1134523637/


818 :水先案名無い人:2006/01/16(月) 20:54:24 ID:LHebqiKA0
273 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/15(日) 19:43:53 ID:uinA1jEZ
英語圏では虹が6色だということ。
そういえば、Apple の昔のリンゴも6色だった。

274 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/15(日) 19:56:32 ID:WS0N2dVw
>>273
2色、3色の所もあるよ。
一番多くて、何色になるんだろ?

281 名前: 273 [sage] 投稿日: 2006/01/15(日) 23:09:30 ID:uinA1jEZ
>>274
ググって調べてみた。
最高で8色のよう(アフリカ・アル部族)。
7色というのは世界的にみても多い方だが、
日本でも昔は5色だったらしい。

ちなみに、虹の7色は
「せき・とう・おう・りょく・せい・らん・し」
(赤橙黄緑青藍紫)
と憶えると良い。
ソース:
http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gimon2/no84/nijinoiro.htm
http://www.j-muse.jp/kagaku_tanken/vol3/sora_uchu01/page02.html

820 :水先案名無い人:2006/01/16(月) 20:56:15 ID:LHebqiKA0
連投スマソ
287 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/15(日) 23:55:47 ID:pOuVUJu/
日本語は色を表す形容詞は少ないよ。
色の「名前」は多いけど。
「○色い」を除くと「黒い」「白い」「赤い」「青い」しかない。

292 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/16(月) 02:05:02 ID:uM5TBbA8
>>287
もともと、江戸時代ぐらいまでの、日本の【色】の概念・定義って、4種類しかなかったらしい。
それが、黒・白・赤・青
他の色はこの4種のどれかに含まれたらしい。
黄色は赤の一種だったんだけかな。緑は青の一種。
だから、青野菜といえば、青い野菜なんてないけど、緑の野菜を指す。
青信号といっても、多くは緑色の信号だったりする。

後付の色は、どうしても形容詞が乏しかったりする。

315 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/16(月) 15:51:51 ID:d134/1NF
古代の日本の色の概念が赤、青、白、黒の4つしかなかったというのは本当。
光に対する4種類の感受性である
明るい(明)=あか
暗い(暗)=くろ
はっきりしている(顕)=しろ
ぼんやりしている(漠)=あを   で色を表現していた。
だから色を表すことばのなかでこの4つだけが単独で形容詞化できる (あかい、あおいなど)。
これ以外の言葉は、もともとは色以外を表すものだったのが色の表現
に流用されたもの。例えば「みどり」はもともとは新芽や若葉、またそれ
らに象徴される生命力を表す言葉だった(みどり子、みどりの黒髪など)。




人気ブログランキング
この記事のURLコメント(8)科学   | 人気ブログランキング    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 英語圏では虹が6色     このエントリーをtumblrにポスト
コメント一覧
1.  物知りな名無しさん   2009年11月25日 10:50
Appleの昔の6色は、当時のMacの性能ではCRTでその色数しか表示できなかったから。
他のコンピュータがモノクロの時代に、それはすごい事だったんだけどね。

だから虹の色数とは関係ない話しです。
2.  物知りな名無しさん   2009年11月25日 11:56
>>1
8色ならわかるけどなぜ6色?
3.  物知りな名無しさん   2009年11月25日 18:14
黒と白以外
4.  物知りな名無しさん   2009年11月26日 21:25
訂正。まだMacintoshが登場する前から6色リンゴはありました。Apple社最初のパソコンはApple][。その時に付けられたのが6色リンゴマークです。

CRTが再現する光の3原色は、RGBの3色の組合わせ。それぞれをON-OFFすることで6通りの色を表示できます。6色リンゴはそれを表しているのですが、大きな疑問が1つ。

単純に混ぜるとこうなっちゃうでしょ?
http://strawworld.blog.ocn.ne.jp/photos/uncategorized/colorrgbcmy1.gif

実際の6色リンゴはこの6色。
http://strawworld.blog.ocn.ne.jp/photos/uncategorized/colorringo1.gif

ギラギラ下品な原色は嫌というジョブス流のこだわりだったんでしょうか。

すっかり脱線&蛇足失礼しました。
5.  物知りな名無しさん   2010年01月30日 14:57
微妙な嘘理論も、歴史があるように語れば本物っぽく聞こえる、不思議!

古代は日本に限らず色への概念が少ないから当たり前だけど、冠位12階で既に12色に分けられてたり禁色が存在していたり、黄金、銅、白金、銀など、それ自体が色を表す名称だっちゅうねん。~色って言うのは理解し易くする為に後付された呼称故に存在する言葉であって、共通の色の概念があった故に同一名称が許されるんだろ。琉球鼠、等。

色彩鮮やかな雅とされる世界はそんなに単純じゃネーよ。
6.  物知りな名無しさん   2010年03月13日 21:18
虹を七色にしたのはニュートン
7.  物知りな名無しさん   2010年08月03日 21:05
>だから色を表すことばのなかでこの4つだけが単独で形容詞化できる (あかい、あおいなど)。

黄色も黄色いとか黄色くって言うよね?
8.  物知りな名無しさん   2010年08月03日 22:07
日本の色の名前ってやたら細かいけど、大方は染料とか、染め方とか、自然にあるものの名前だったりするんだよね。
人の目には無限のグラデーションが見えてるので、文化によってどこに色の境目を置いて、いくつに分けるかの問題でしかないけど。
むしろこれを思い出した
男女別・色の呼び分け
http://labaq.com/archives/51408285.html

コメントする

名前:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 


ヘッドライン
人気ブログランキング
人気ブログランキング

アクセスの多い記事

プロフィール
「2chにある無駄な知識を集めるスレ」まとめ

記事の内容が正しいかどうかは保証できません。
嘘を嘘と(ry

このブログについて

twitter


人気ブログランキング
記事検索
最新記事
最新コメント
はてな人気エントリ